スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
     

インド ニュース | ドコモがインド携帯事業から撤退 現地合弁の保有株を1200億円で手放す


NTTドコモは25日、インドの携帯電話事業から撤退することを決めた。2009年3月に現地の大手事業者タタ・テレサービシズ(TTSL)に約2600億円を出資したが、赤字経営が続いているほか、周波数再編の遅れなど現地の通信行政の停滞もあり、経営再建が困難と判断した。

 約26%の保有株式を約1200億円で売却する。NTTグループはクラウド事業を軸に海外展開を強化する一方、赤字事業の見直しを進めていた。

 TTSLは「TATAdocomo」のブランドで携帯電話事業を展開し、契約数は6300万件。12年度の売上高は2100億円、営業赤字は330億円だった。ドコモは10年3月期から14年3月期までの5年間に計2200億円を減損処理しており、経営に大きな影響はないもよう。

 保有株の売却手続きはTTSLの14年3月期決算報告を待って売却手続きに入るが、株式取得額の50%に当たる約1200億円(ルピー安により約100億円差損)で売却する見通し。

 ドコモは現在、TTSLのほか香港やフィリピン、バングラデシュなどで現地の携帯電話事業に出資している。中核事業のTTSLからの撤退により、海外事業の投資規模は半減する。

産経新聞

<コメント>
ドコモもソフトバンクに攻められ、LINEにダメだしされてもう青色吐息なのでしょう。

日本の利権を守るのに必死のようです。

今後、確実に成長をするであろうインドですが、ドコモぐらいの資金力では続かなかったということでしょう。

残念。
スポンサーサイト

テーマ : インド
ジャンル : 海外情報

コメント

Secret

プロフィール

どらさん

Author:どらさん
インドへ移住します。(バンガロールへ準備中)

アメショー7匹飼ってます。

四十路前の猫好き親父です。

いろいろなこと書きます。

ITに苦戦中

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。