スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
     

インドニュース(3/24)



〔インド株式〕上昇=NSE指数は過去最高値更新(24日序盤)

時事通信 2014/3/24 14:09
【ムンバイ・ロイターES=時事】24日序盤のインド株式市場は上昇している。NSE指数は一時1.2%高となり、先週記録した過去最高値を更新した。海外投資家の買いにより、ICICI銀行などの銀行株が上昇している。

<コメント>
ウクライナ問題は、ほぼ解決していると投資家は踏んでいるんでしょうか・・・。アメリカ抜きでも、インドは成長していくのかもしれません。


<大阪取引所>統合デリバティブ取引始まる 大証から改称
毎日新聞 3月24日(月)10時43分配信

日本取引所グループ(JPX)の大阪証券取引所は24日、東京証券取引所のデリバティブ(金融派生商品)市場を統合し、初日の取引を始めた。デリバティブの合計の取引高は3億6614万単位(2013年)と、世界14位、アジア7位になった。大証は「大阪取引所」へと65年ぶりに社名を変えた。

【国内先物、利便性に期待】大阪取引所、24日幕開け 東証デリバティブ終了

 これまで東証が扱っていた東証株価指数(TOPIX)先物や日本国債先物などの商品が大阪取引所に移った。また、市場統合に合わせ、インドの株価指数に連動する先物が新たに上場された。

 今回の統合で、東証が現物株、大阪取引所がデリバティブを担うJPXの体制が整った。JPXの斉藤惇・最高経営責任者(CEO)はこの日、「国際競争力強化に向けた第一歩として市場機能の統合を完成させた」とのコメントを出した。

 大阪取引所は今後、株式や債券の先物の商品網拡充、取引の実質24時間化などに取り組む。金や原油といった新分野の商品先物への進出も目指す。

 旧大証で4日、取引を25分間中断するトラブルがあったばかり。24日午前の大阪取引所の売買システムは順調に稼働している。【宇都宮裕一】

<コメント>
この記事の中で、注目はインド株式指数先物が日本国内で買えるようになるということです。先の記事のように現在インド株は、過去最高を更新しているので、インド株は熱い。アメリカも日本も成長は終わっているので、投資をするなら新興国でしょう。(ただ、私には資金がありませんが・・)
スポンサーサイト

テーマ : インド
ジャンル : 海外情報

コメント

Secret

プロフィール

どらさん

Author:どらさん
インドへ移住します。(バンガロールへ準備中)

アメショー7匹飼ってます。

四十路前の猫好き親父です。

いろいろなこと書きます。

ITに苦戦中

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。