スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
     

windowsインド人CEO誕生

日本マイクロソフトは都内で記者会見を行い、同社が提供するクラウドプラットフォーム「Windows Azure」の日本データセンターを明日26日より東日本と西日本の2拠点に開設することを明らかにしました。

20140225konosu_008_cs1e1_480x.jpg


冒頭、樋口泰行代表執行役は「25週年を機に、日本マイクロソフトに社名変更し、日本に根ざすというマインドで社員一同邁進しています。2年前に拠点を統合した品川本社は新しいワークスタイルを紹介するショーケースとして既に42万人のお客様をお迎えしました。今後もクラウドとデバイスという二本柱で日本のお客様が求める高い品質をご提供して参ります」と挨拶しました。

全社的な戦略分野であるクラウドは、先日発表されたサティア・ナデラ新CEOが推進してきた分野でもあります。樋口氏によれば、日本データセンターの開設もナデラ氏が推進し、決定した事業だということです。樋口氏はマイクロソフトはアメリカ国籍の会社ではあるものの、ナデラ氏はインド生まれ・インド育ちであり、異文化理解が高く、非常に聡明なCEOだと紹介。「私自身も彼がCEOに相応しいと考えていた」と話しました。

26日の0時から提供開始される日本データセンターは東日本(埼玉県)、西日本(大阪府)の2つのリージョンで構成。これまで日本からWindows Azureを利用しようとすると距離的に近いのはシンガポールや香港でしたが、比較すると最低でもレイテンシーは3倍改善されるとのこと。また、データは日本国内に完全に保持されるため、使用許諾を日本国内のみで取得しているような権利やサービスの展開にも対応できます。国内の距離的に離れた2箇所にリージョンが設けられるため、地震など大規模災害時におけるサービスの維持、データの保持も可能です。

既に昨年12月から36社がパイロットテストに参加し、十分に実証された状況で正式サービスを迎えます。マイクロソフトでは日本データセンターの開設を機に、Windows Azureのエコシステム構築によりいっそう力を入れる方針。現時点で120のパートナー企業が、300を超える日本データセンターを活用したソリューションを提供すると表明。Windows Azureに対応できるエンジニアは5000名に上るとのことです。

会場ではWindows Azureを活用している幾つかの企業からのメッセージが紹介され、『拡散性ミリオンアーサー』で知られるスクウェア・エニックス 第10ビジネス・ディビジョン ディビジョン・エグクティブ兼プロデューサーの安藤武博氏も「3本のゲームをWindows Azureで提供してきましたが、本当に助けられてきました。何よりもマイクロソフトが本気を出すと凄い、というのを実感しています。日本データセンターの誕生を機に、ますますWindows Azureがパワーアップしていくのを期待しています」と述べていました。

後半では本社でWindows Azureを推進する、Windows Azureビジネス&オペレーションズ ゼネラル・マネージャーのスティーブン・マーティ氏も登壇。マイクロソフトの市場環境やCloud OS戦略全体について紹介しました。日本データセンターの開設も含めて同社では今年約1000億円をWindows Azureに投資。グローバルな規模の経済が日本のユーザーにも大きなメリットをもたらすとしました。更に日本のユーザーの求める品質を世界的に展開するため、本社に日本のメンバーが常駐するような取り組みも行われるとのこと。

最後に樋口氏は日本マイクロソフトのB2Bビジネスが3年連続で2桁成長を実現できそうだと紹介。営業、サポート、セキュリティへの取り組みで比類ない人材と体制を配置していて、クラウドを軸に日本のユーザーの求める品質に応えられるサービスに邁進していきたいと締め括りました。

ゲーム分野でもWindows Azureの利用は徐々に広がっていて、ゲームクラウドアワード2014でも総合満足度で優秀賞を獲得しています。日本データセンターの開設によってレイテンシーが大幅に改善し、日本での利用がより身近なものになりそうです。樋口氏はエンジニア向けにも様々な施策を行っていくと話していましたので、今後の取り組みにも期待です。

windowsより
マイクロソフト取締役会、サティア ナデラを CEO に任命

ビル ゲイツは新たにテクノロジアドバイザーに、取締役会会長にはジョン トンプソンが就任

~ 当リリースは2014 年 2 月 4 日に米国で発表されたリリースの抄訳をベースにしています ~

 本日、マイクロソフト コーポレーション (Microsoft Corporation、本社 : 米国ワシントン州レドモンド) は、サティア ナデラ (Satya Nadella) をCEO (最高経営責任者) 、および、取締役会メンバーとして、本日付で任命したことを発表しました。ナデラは、以前はマイクロソフトのクラウド&エンタープライズ担当のエグゼクティブ バイスプレジデントの職にありました。

 マイクロソフトの創業者であり取締役会メンバーであるビル ゲイツ (Bill Gates) は、「今という変革の時に、マイクロソフトを率いる上でサティア ナデラほど最適な人物はいない。エンジニアとしての確固たるスキル、ビジネス ビジョン、そして、求心力を持った実績あるリーダーです。世界中のテクノロジ活用に対するサティアのビジョンは、マイクロソフトが次段階の製品イノベーションと成長を企業として進めていく上でまさに必要としている要素です。」と述べています。

 ナデラは、1992年にマイクロソフトに入社して以来、製品とサービスのポートフォリオ全般にわたり戦略面および技術面での変革を推進してきました。特に、マイクロソフトのクラウドへのシフト、そして、Bing、Xbox、Officeといったサービスを支える世界最大級のクラウド基盤の構築は最も重要な実績のひとつです。サーバー & ツールビジネスを統率していた時には、市場の伸びを上回る業績を達成し、競合他社から市場シェアを獲得しました。

 ナデラは「マイクロソフトはテクノロジによって世界を真に変革できた希有な企業のひとつです。このような企業を統率する立場に選ばれたことをこの上ない光栄と感じています。マイクロソフトにとっての市場機会は膨大です。しかし、それを確実に捕らえるためには明確なフォーカスを置き、迅速に動き、変革を続けなければなりません。私の重要な任務は、革新的製品をお客様により速く届けられるよう当社の力を強化していくことにあります。」と述べています。

 2013年8月23日に、後継者が任命された時点で退任することを表明していたスティーブ バルマー (Steve Ballmer) は、「サティアと20年以上にわたって仕事をしてきた私は、彼が今のマイクロソフトにとって最適なリーダーであることを確信しています。業界で最も優秀な従業員と経営陣と共に働けたことは、私にとってこの上なく名誉なことでした。サティアのリーダーシップの元で従業員と経営陣の成長への意欲はますます高まっていくと信じています。」と述べています。

 また、マイクロソフトは、取締役会 前会長であったビル ゲイツが創業者 テクノロジアドバイザー という新役職で取締役会に留まることも発表しました。ゲイツは、より多くの時間をマイクロソフトのために費やし、テクノロジと製品の戦略決定においてナデラを支援することになります。上級社外取締役であったジョン トンプソン (John Thompson) が取締役会 会長の地位に就くと共に、社外取締役の職務も継続します。

 トンプソンは「サティアはマイクロソフトのリーダーとして最適な人物であり、取締役会は全面的に支持しています。取締役会は、当社の株主、お客様、パートナー、従業員にとって最適の選択を熟慮の上で決定しました。」と述べています。

 ナデラの参加により、マイクロソフトの取締役会は、バルマー、JPMorgan Chaseの前CFO (最高財務責任者)ディナ ダブロン (Dina Dublon)、ゲイツ、Harvey Mudd College校長マリア M. クロウェイ (Maria M. Klawe)、Seagate Technology PLC の会長兼CEOステファン J. ルソー (Stephen J. Luczo)、August Capital のゼネラルパートナーであるデビッド F. マーカート (F. David F. Marquardt)、ナデラ、Bank of America Corp の前副会長チャールズ H. ノスキ (Charles H. Noski)、BMW Bayerische Motoren Werke AGの前会長である ヘルムート パンケ (Helmut Panke) 、そして、Virtual InstrumentsのCEOであるトンプソンから構成されます。取締役会10名のうち7名は社外取締役であり、過半数が社外であることを求めるマイクロソフトのコーポレートガバナンスのガイドラインに合致しています。

<コメント>
上り詰めてますね~
中国人ではなくインド人なんですね。
私の友人もそうですが、本当にインド人のIT技術者は優秀です。
対する日本勢は、LINEは韓国だし、livedoorも潰されたし、パズドラもソフトバンクも朝鮮系の孫一族です。
そのソフトバンクが、LINE株を購入というニュースがありましたが、日本は嫌韓とか言っているうちに、宗教では統一教会、ビジネスではソフトバンクにどんどん勢力を伸ばされています。
日本のお金持ちはシンガポールやタイ、マレーシアに逃げちゃうし、庶民は再来月から3%の増税です。
本当は、日本は大国インドと濃密な関係を結ぶべきかと思いますが・・・
庶民の抵抗として私もLINE株を少しばかり保有しました。日本で上場されたら上がるであろうことを見込んで・・
スポンサーサイト

テーマ : インド
ジャンル : 海外情報

コメント

Secret

プロフィール

どらさん

Author:どらさん
インドへ移住します。(バンガロールへ準備中)

アメショー7匹飼ってます。

四十路前の猫好き親父です。

いろいろなこと書きます。

ITに苦戦中

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。