スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
     

インドニュース(2/22)

東京税関が去年1年間に押収した覚醒剤は370キロ余りと過去2番目の多さとなり、インドからの密輸が急激に増えていることが分かりました。

東京税関によりますと、羽田空港や成田空港、それに管轄する6都県の港などで去年1年間に押収された覚醒剤の量はおよそ374キロと、前の年より24%増加し、平成10年に次いで過去2番目の多さとなりました。
国別ではインドからの密輸が16件で103キロと、量で前の年の10倍以上となって全体の4分の1を占め、次いでメキシコ、ウガンダ、中国となっています。
インドからの密輸はここ数年、急激に増えているということで、東京税関はほかの地域で活動していた密売グループがインドにも拠点を置いた可能性があるとみています。
また、密輸の手口の80%が航空機の手荷物として持ち込まれたもので、残りは商業用の貨物に紛れ込ませたり、国際郵便で送ったりしていたということです。
手荷物での密輸では、海外旅行先で知り合った人物に頼まれ薬物と知らずに国内に持ち込むケースも目立つということです。
東京税関は、水際での取締りに当たるとともに海外旅行客に不審な荷物を預からないよう呼びかけています。

密輸増の背景
インドは、アヘンの原料となるケシの栽培が盛んなアフガニスタンなどに近く、地理的に麻薬の密輸の中継地点となっているとされています。
また、アメリカ国務省の報告書によりますと、製薬業が盛んなインドではエフェドリンなどの覚醒剤の原料にもなる医薬品の成分の製造が盛んで、これを悪用した密輸が起きやすいと指摘しています。
地元のメディアは、卸売業者からこうした医薬品の成分を首都のニューデリーに集め、覚醒剤として密輸するビジネスが横行し始めていると伝えています。
これに対してインド政府の当局も取締りを強めていますが、人員不足などの課題を抱えていることが指摘されています。
                                           (NHKニュースWEBより)<コメント>
覚せい剤はいけません。でも、大麻は日本では認めるべきかと思います。


中国メディア・新華網は21日、中国からの資金援助に憂慮を示すインドに対し、中国側が日本を上回る3000億米ドル規模のインフラ建設資金提供計画を持ちかけたと報じた。

記事は、これまでインドのインフラ建設に対して巨額の資金援助を望む中国に対し、インド政府は安全上の問題から電信、電力などの重要分野への中国の侵入を拒み、中国からの申し出を粗暴なやりかたで拒絶してきたとした。

そのうえで、インド現地メディアが20日に「インド政府による拒絶は、自国の企業や労働者をインドの鉄道、道路、電力設備のグレードアップ事業に参加させようとする中国側の努力を阻止しなかった」とし、2月の初めに中国側がインド政府に対して5年間の貿易、経済協力計画を出し、3000億ドルあまりのインフラ建設資金援助を行うことを打診したと報じたことを紹介した。

中国が申し出た金額は、支援を行う国の中で最高額であり、日本の支援をも上回るという。インドのメディアは、商務省が近々会議を開き、中国の投資計画について議論する可能性があるとするインド政府関係者の話を伝えた。

中国は鉄道の電化、高速鉄道といった分野での支援に特に興味を持ち、汚水処理やトンネル建設においても大量の技術支援を提供できると認識しているようだ。しかし、インドの内務省や国防省は、戦略や安全上の問題から、中国による投資を警戒する態度をみせているという。

新華網は、2000年4月から13年12月までにインドに対して行われた外国の直接投資のうち、中国からの投資はわずか0.15%にとどまったのに対し、日本の投資は7.3%を占めたと紹介した。

(編集翻訳 城山俊樹)

<コメント>
インド人は、中国人が嫌いな人が多いです。今でも小競り合いをしていますからね。ただ3000億ドルといったら30兆円あまり・・。ものすごい額ですね。まあ、この金額をちらつかされてもインド人動かずはさすがです。
インドは日本人に対しては一般的に、好印象です。(ここら辺は現地に行ったときにレポートします)
日本人にとってインドは大きな市場であるので、ここは早く大きく手を組んでいくべきと考えます。
スポンサーサイト

テーマ : インド
ジャンル : 海外情報

コメント

Secret

プロフィール

どらさん

Author:どらさん
インドへ移住します。(バンガロールへ準備中)

アメショー7匹飼ってます。

四十路前の猫好き親父です。

いろいろなこと書きます。

ITに苦戦中

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。