スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
     




ルピー=1.597474(03:09) 金価格=$1314.5(1オンス)

深夜に、モーリーロバートソンのラジオを聞く。この人、変人だが知性があり面白い。

ニッポンダンディに出ていたの鵜だが、干されたのかな?

MXテレビでもダメか。。

英語が分かるようになれば世界の知性と話せるようになるのは楽しみ・・(いつのことやら)

日本では楽天優勝・山本議員の天皇問題・北朝鮮猪木問題が3代ニュース。

まぁ、日本の主流は秋の行楽でそれどころではないと思う。

美しい自然と美味しい食事をたべているうちに人生を謳歌するのが、今の日本人のスタンダードなのだ。

さて、インドのニュースは、インドでの保険が伸びているという記事。

デング熱とかは怖い。

そうそう、海外の保険はクレジットカードの旅行保険をうまく使うのがいいらしい。

クレジットカードの保険はいろいろあり、出国後3か月までというのがスタンダードだが、カード会社によったら
カードを使った日から3か月というものもあり、組み合わせで1年イケる。(らしい)



インドでデング熱猛威 邦人患者を救う新たなビジネス

産経新聞 11月4日(月)18時54分配信



 インドで今年、デング熱が猛威を振るっている。雨期が長引き、ウイルスを媒介する蚊が発生しやすかったからだ。10月28日までの感染者数は5万5千人余りで、データが公表された過去7年で最悪となり、5年前の年間感染者数の4・4倍だ。死者は138人に上っている。デリーだけで約4400人が感染した。

 日本人もバタバタとデング熱に倒れている。在留邦人に病院手配のサービスを行っている日系企業ウェルビーメディックがデリーなど3都市周辺で取り扱った邦人患者は19人。血液中の血小板が減ると輸血が必要になるため、デリー日本人会から何度か献血依頼メールを受け取った。

 流行は例年、11月下旬ごろまで。今年もやっと雨期が終わり感染が終息し始めたものの、あるインド人医師は「予防は、蚊に刺されないようにするしかないのに、政府は適切な駆除対策をとっていない。あちこち水たまりだらけのままだ」と不満げだ。

 当初、中国などで事業を展開していたウェルビーメディックは昨年、インドにビジネスを拡大し、1年余りで約1300人の会員を集めたという。日本では少子高齢化が進む中、医療系の職業が人気だそうだが、こうした分野でも、安定を求めるばかりではなく新たな道を開拓する精神が必要なのだろう。(岩田智雄)
スポンサーサイト

コメント

Secret

プロフィール

どらさん

Author:どらさん
インドへ移住します。(バンガロールへ準備中)

アメショー7匹飼ってます。

四十路前の猫好き親父です。

いろいろなこと書きます。

ITに苦戦中

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。