FC2ブログ
     

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
     

LINEはインドでも使えるらしい




最近は、ルピーと金価格、インドの情報は、チェックをするようになった。

日本のニュースをみているとBBC<ロイターなどもみるようにしているが、やはり英語ができないとインテリジェンスは限られる。

山本太郎議員、おいらと同い年のメロリンキューが天皇に直接、手紙を渡したことが問題になっているそうだ。

私は支持をする。

彼の行動が無礼であるというのは簡単だが、福島のことを風化させないという意味と「天皇」という神事のトップにいる人のことについて国民が関心を持つということについて支持する。

さて、もう今年もあと2か月になった。早いものだ・・あーあーおじさんになったんだなぁ。。いかん、

人生をいっぱい生きているのかという疑問がわいてくる、、

インド情報について

インドでもLINEを使えるということは、国際携帯電話も無料だということ。

これはすごい。

携帯でフツーに無料で話している先が10000キロ離れている。

技術は、もうここまで来ているのだね。

以下記事


LINEは世界一になるか──多様なアジア市場を俯瞰する

ITmedia ニュース 11月1日(金)9時36分配信





LINEは世界一になるか──多様なアジア市場を俯瞰する

タイ・バンコクのLINEユーザー

 ユーザー数が全世界で2億7000万を抱えるLINEが東証に上場する方針が報じられている。LINEに問い合わせると「経営戦略上、様々な選択肢を持っておりますが、現段階で何も決まったことはありません」という。

【写真:マレーシアでラマダンの時期に発行されたLINEスタンプ】

 LINEは日本国内でも利用者が多いのはもちろん、海外でも多くの人に受け入れられている。アジアではタイで1800万人超、台湾で1700万人超(全人口の半数を超える)、インドネシアで1400万人超(それぞれ10月1日時点)、インドで1000万人超(10月5日時点)となっているという。LINEは特に成長著しい地域として、インド・ロシア・ブラジルを挙げている。

 LINEのようなメッセンジャーアプリは、世界中で受け入れられており、LINEだけではなく数多くがしのぎを削る。LINEより早くに登場した有名どころでは、この手のメッセージングアプリの先駆けである「WhatsAPP」(3億5000万ユーザー。リリースは早いが今夏ボイスメッセージング機能を搭載した)、韓国発のKakao Talk(1億ユーザー超)や、中国発のWeChat(中国名は微信。6億ユーザーを抱えるという噂も)があり、ほかにもBlackBerry専用のBBMというメッセンジャーや、Talkbox、Viber、Tangoといったメッセンジャーの利用者も増えつつある。

 現在もっともインターネット利用者が多いのがアジアだ。人口約43億人のうち10億人超がインターネットを利用している。アジアのネット利用者の絶対数は多く、それでいてインターネット利用率はまだ4分の1程度にとどまっており、まだまだ成長余地は大きい。筆者自身アジアのインターネット事情をチェックしていることから、アジア市場でのメッセージングアプリのゆくえについて考えていきたい。【山谷剛史】

●中国で6億人?が使う「WeChat」

 アジアといっても広すぎるので、もう少し分類すると、まずネット鎖国をしている中国でのインターネット利用率は4割。少ないようだが、数字でいうと6億人に上る。

 中国市場でリードするWeChat(微信)をリリースする騰訊(Tencent)は中国屈指のネット企業で、同社のチャットサービス「QQ」のアカウント数は10億を優に超える。つまり1人2アカウント以上持つことが普通なのだが、彼らを同じアカウントで利用できるWeChatに誘導している。QQでのつながりがWechatに持ち越せることもあり、多くの中国人がWechatを選んでいる。

 当初こそICQにそっくりだったQQがどんどん機能を拡張していったように、WeChatもビデオメッセージやグループチャットなどを加えて最も多機能化している。周囲のWechat利用者とランダムにつなぐ機能は、海外在住の中国人から「同胞とつながりやすい」と評価が高い。またFacebookなどで出会った人を誰でも登録しよういう人が多いインドやベトナムでもこの機能は好評だ。騰訊は20億ドルをWeChatなどの海外進出向けに投資すると先日発表しており、プロモーション活動はますます目につくことになるだろう。

 LINEは中国では、騰訊と競合する「奇虎360」が運営している。ただ、最近はあまり現地のITニュースではLINEを名前を聞くことがない状況だ。LINEによれば「中国本土のサービス展開については慎重に判断し展開しながらではありますが、順調にユーザー数を伸ばしている」という。中国国内でもWeChatに対抗する「易信」「飛信」という類似サービスがシェアを獲得しようとしている。

●有望な東南アジア

 東南アジアのネット使用率は、7割を超えるシンガポール、6割超のマレーシアが高く、タイ、ベトナムがそれに続き4割程度。3割超のフィリピン、2割超のインドネシアはこれから伸びていくだろう。人口が2億4000万人と多く、日本からも有望視されているインドネシアは、フィーチャーフォン(従来型携帯電話)とBlackberryが普及しているが、そんな中でAndroidが普及しつつある。今後本格的にメッセージングアプリが普及していく。中国に並ぶ人口大国のインド(12億人超)では今夏、インターネット利用者が日本を超えた。

 国の人口と別に考えたいのが、民族の人口だ。日本ではあまり実感がないが、アジア諸国(特にインド)では家族や親族の誰かしらが国を越えて出稼ぎに行くのが珍しくない。彼らにとって、いかに安価に母国の親族や友人などと連絡が取れるかというのは死活問題となる。マレーシアやシンガポールなどの多民族国家では、深いコミュニケーションのためにそれぞれの民族同士でネット環境が築かれている。国の人口ではなく、同じ民族で計算したほうがいい。

 中国は日本と同様、実質無料でスマートフォンが入手できる状態なので非常に元気だが、その他の国では無料スマホはまだなく、そこそこ所得があるインテリのみが使っている状況だ。東南アジアやインドではまだスマートフォンが普及しておらず、これからゆっくりと普及していいき、定番アプリとしてメッセンジャーアプリも普及していくだろう。スマートフォンが普及しつつあるスタートアップ段階の今、ユーザーを囲い込めば囲い込むほど将来は指数関数的にユーザーが伸びていく一方、友人がほとんど使わないサービスなら切られていく。競合サービスがこれほどあるだけに、ユーザー数だけでなくアクティブユーザーも意識してみるべきだろう。

 アジアの新興国では、音楽ダウンロードやゲームのダウンロードが人気だ。その価格は数十円からと、1ドル以下なので、GooglePlayやApp Storeで利用するなら現地の物価感覚からして高過ぎる。そこで通信キャリアが間に入って、プリペイド分から差し引く支払いシステムが一般的だ。現地に根付いた支払いシステムと物価を採用することで、より現地の人々にとって身近なものになっていく。

●スタンプはLINEの強みだが……

 LINEは、「LINEは“コンテンツ”と“コミュニケーション”という2つのバリューを持っている」と説明する。「コミュニケーション」では「無料でストレスなくコミュニケーションができること」が新ユーザーの開拓に重要になる。

 だがアプリによっては時々つながらないという苦情を各地で耳にすることもあり、またNokiaなどのフィーチャーフォンで非対応のメッセンジャーがあったりして、意外や誰もが導入できる環境にない。後者については、フィーチャーフォン経由でのFacebook利用者は結構いるので無視できない。LINEもSymbian搭載の一部機種に対応しているが、Symbian端末の対応機種の数ではWeChatに軍配が上がる。激戦のスマートフォンでは、「LINEは世界的にシェアの高いNokia、Samsung、ソニーの端末にプリインストールしていただくなどの取り組みを行っている」という。

 「友人が使うから」だけではなく「機能的にデザイン的に好きだから」という理由でアプリを使う人もいる。LINEは「コンテンツ」面の差別化としてコニーやブラウンなどキャラクターをプッシュしており、各国のアーティストやイラストレーターを採用してスタンプを制作したり、また現地企業や団体、セレブと協業して公式アカウントを開設したりしている。現地でのプロモーションを見ても日本製とも韓国製ともアピールしてようには見えない。「LINEは日本で開発、誕生したサービスではあるが、私たちのゴールは世界のインフラになることなので、日本のLINEだとプッシュしていないし、またクールジャパンを意識してはいない。現地の著名人を採用していく」という。

 Kakao Talkは「韓流スターが好きだから」という理由で利用する人もいれば、韓国が好きではないからという理由で敬遠する人もいる。だがWeChatは中国製だから嫌がる、という人はあまりいないようだ。

 LINEのキャラクターとローカライズされたスタンプはLINEの強みだ。それで勝てるかといえばそうでもなく、他のメッセージングアプリを見るに、まだ機能拡張の余地はありそうだ。日本人は好まないであろう「近所の人とランダムチャット」機能の搭載といった選択を迫られることもあろう。ユーザーの取り合いが起こる地域がある一方で、ひとつのメッセージングアプリが圧勝する地域も出てくるだろう。

スポンサーサイト

テーマ : インド
ジャンル : 海外情報

コメント

Secret

プロフィール

どらさん

Author:どらさん
インドへ移住します。(バンガロールへ準備中)

アメショー7匹飼ってます。

四十路前の猫好き親父です。

いろいろなこと書きます。

ITに苦戦中

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。