スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
     

インドでがんばる日本の企業



まずは、この文章を見てください。↓

インドの大型超臨界圧火力発電所向け制御システムを一括受注

横河電機株式会社(本社:東京都武蔵野市 代表取締役社長:西島 剛志)の子会社であるヨコガワ・インディア(本社:インド カルナータカ州バンガロール 社長:村田 努)は、クドゥギ超臨界圧石炭火力発電所※1向けの制御システムを、インド火力発電公社(NTPC Ltd.)※2から受注しました。

クドゥギ超臨界圧石炭火力発電所は、総出力240万キロワット(80万キロワットの発電ユニット3基)の発電所で、運営会社であるNTPCによってカルナータカ州ビジャープル県に建設されます。完成すると、総出力はNTPCの超臨界圧火力発電所としては最大となります。また、発電ユニット1基当たりの発電能力もインド国内最大規模の超臨界圧火力発電所と並びます。第1ユニットの操業開始は2015年6月を予定しています。

YOKOGAWAが納入する主な製品は、ボイラとその付帯設備の制御を行う統合生産制御システム「CENTUM® VP(センタム・ブイピー)」、差圧・圧力伝送器「DPharp EJAシリーズ(ディーピーハープ・イージェーエー)」、酸素濃度計、水質分析計、画像監視システム(CCTV)、無停電電源装置、および構内通話システムです。このプロジェクトのエンジニアリング、機器据付、試運転、運転員の訓練を含むプロジェクト全体の遂行はすべてヨコガワ・インディアが行います。発電所が完成すると、YOKOGAWAが制御システムを納入する超臨界圧発電ユニットとして、1基当たりの発電能力は過去最大です。また、インド向け超臨界圧石炭火力発電所向け制御システムの受注としては今回で4件目、累計で10システムとなります。

このプロジェクトを受注できた主な要因としては、製品の信頼性、ヨコガワ・インディアの高いエンジニアリング能力とプロジェクト遂行能力、およびNTPCのプロジェクトを初めとしたインドの発電所やプラント付帯の発電設備向けに300システム以上の制御システムを納入した実績がユーザから高く評価され、信頼を得たことなどがあげられます。

インドでは、急速な経済発展にともない電力需要が急増しています。同国政府は、電力の安定供給に向けて大型石炭火力発電所の建設や老朽化した発電所の改修プロジェクトを多数計画しています。電力市場の拡大が続くインドに対し、YOKOGAWAは電力プラント向け制御事業を強化していきます。
※1 超臨界圧石炭火力発電ボイラから蒸気タービンへ送られる水蒸気を、水の臨界圧を超える高温・高圧まで上げることによって、より少ない熱消費量で効率的に発電を行うことができる発電技術。温室効果ガスの排出量も削減できる。※2 インド火力発電公社 (NTPC Ltd.)1975年に国営企業として設立。現在も75%の株式を政府が保有する同国最大の火力発電会社。
以上
                                          横河電機HPより

日本の石炭発電の能力は、世界トップクラス。インドは親日なので、こういう分野でもどんどん進出すべきです。

原子力なども売り込んでいるようですが、原子力発電はオワコンだと思っています。なぜなら、結局は高くつくから。

日本でも小泉や菅といった売国者が、脱原発などと言い出しているのは、アメリカさま自体が原発に見切りをつけているのだろうと思います。

経済界の売国奴、孫のガンホーもオワコンになりつつあるようですね。まぁ、海外に持っていくでしょうが。。

日本の技術者は、まだ死んでいないのでいまこそ海外へ技術者はでて、日本に利益を還元するべき。

あ、そうそう、楽天つぶしの孫のヤフー無料の流れ、面白そう

スポンサーサイト

テーマ : 政治・経済・社会問題なんでも
ジャンル : 政治・経済

コメント

Secret

プロフィール

どらさん

Author:どらさん
インドへ移住します。(バンガロールへ準備中)

アメショー7匹飼ってます。

四十路前の猫好き親父です。

いろいろなこと書きます。

ITに苦戦中

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。