スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
     

インド ニュース | インド、時速130キロへ鉄道路線改修計画「いきなり350キロは非現実的」



インドは既存路線の改修・改善を通じて鉄道の高速化を図る。国営インド鉄道は、北部デリーとチャンディガル、ラクノウ、ボパルを結ぶ3路線の改修・改善を年内に終え、現在の平均速度のおよそ2倍となる平均時速130キロでの運行を目指す方針を明らかにした。現地紙フィナンシャル・エクスプレスなどが報じた。

 同国には政府が主導する高速鉄道計画もあり、日本やフランスなどが自国方式の採用を目指してしのぎを削っている。

 これに対して、インド鉄道幹部は現在の鉄道の平均速度は時速60キロだとした上で「いきなり時速350キロを目指すのは現実的ではない」と述べ、既存設備を利用でき、費用を抑えられる平均時速130キロを目指すべきだとの見解を示した。

 インド鉄道のコンサルタント部門RITESの試算によると、新規に高速鉄道網を構築する場合には線路の敷設から取り組む必要があり、1キロ当たり20億ルピー(約33億8000万円)の費用が発生する。これに対して平均速度を130キロに引き上げる場合の費用は、同2500万ルピーで済むという。

 また、速度引き上げによって移動所要時間も大幅に短縮できる。デリーとチャンディガルを結ぶ266キロの路線を例に挙げると、所要時間は現在の3時間20分から2時間以内まで短縮できる見込みだ。

 インド鉄道によると、速度引き上げに必要なのは既存の線路や橋梁(きょうりょう)の改修のほか、全自動信号システムや車両追跡システムの導入。さらに、人身事故の多発などで安全運行を妨げている人口密集地の危険な踏切の撤去と柵の設置なども行う。

 ただし、計画実施には資金調達が課題として立ちはだかる。インド鉄道はデリー-チャンディガル間から作業を開始したい意向だが、60億ルピーとされる費用を捻出できないのが現実だ。同社幹部は「選挙後に発足する新内閣の支援を期待している」と述べ、計画実施が前途多難であることを認めた。

 計画を軌道に乗せ、経済成長を妨げる要因の一つともいわれる輸送網の脆弱(ぜいじゃく)さを克服する一助となれるかどうか、インド鉄道は試練の時を迎えているといえそうだ。(ニューデリー支局)SankeiBiz

<コメント>
スポンサーサイト

テーマ : インド
ジャンル : 海外情報

     

イン ニュース | インド都市近郊に「人食いトラ」 保護が脅かす人間生活



インド都市近郊に「人食いトラ」 保護が脅かす人間生活
産経新聞

インド北部の都市近郊で人間が野生のトラに食われる事件が最近、相次いだ。人里離れた森での被害は時折起きるものの、今回は幹線道路や鉄道駅からそう離れていない場所で起きており、地元住民は「人食いトラ」におびえる日々を過ごす。世界規模で激減しているトラの保護が進む一方で、人間社会との共生が課題になっている。(インド北部ウッタルプラデシュ州モラダバード 岩田智雄)

■「前代未聞だ」

 首都ニューデリーから車で4時間半。北部ウッタルプラデシュ州にある人口約90万の中規模都市モラダバード近郊の村々で、昨年12月から今年2月にかけて住民8人がトラに殺された。襲撃直後に村人が追い払ったケースを除く3件で、被害者は体を食われていた。

 アクバルプル・チャンデリ村では1月7日、家族と牛の飼料を収穫していた女性、ショブハ・サイニさん(18)が襲われた。

 いとこの男性によれば、ショブハさんは食用のサトウキビを取るため1人で茂みに入っていき、行方不明になった。いとこらはその後、血だまりを見つけ、血痕を100メートルほどたどっていくと、トラがショブハさんをくわえている姿に出くわした。トラは逃げたが、ショブハさんは体の一部を食われていた。

 父親のマダンさん(45)は、「娘の嫁ぎ先を探していた矢先だったのに…。村人は恐怖の中で暮らしている。もう、1人では畑に行けない」と話した。

 その2日前には、すぐ近くのチャンゲリ村でサトウキビの収穫をしていた男性、ラジブ・シン・ビショノイさん(30)が被害に遭った。一緒にいた父親のラグナットさん(70)が叫び声を聞いて振り返ると、トラが息子の背中に覆いかぶさっていた。ラグナットさんがサトウキビを手に懸命に追い払うとトラは姿を消したが、ラジブさんはトラの前足の一撃を受けて死亡していた。

 マダンさんとラグナットさん一家は、祖父や父親の代から村に住んでいるが、2人とも「人がトラに襲われたという話は聞いたことがない」という。

■移動距離は80キロ

 インド森林保護当局のボニク・チャンドラ・ブラマさんによれば、残された足跡から8人を襲ったのは1頭のメスと推定される。約80キロ北にあるウッタラカンド州のコルベット・トラ保護区周辺から、身を潜められるサトウキビ畑を伝って都市近郊まで南下したとみられる。理由は不明だが、人間を食べるためではなく、本来の生息地に戻れなくなったためのようだ。

 「通常、メスは別のトラとの縄張り争いで生息域から追い出されることはあまりない。しかし、子供を抱えていれば、子供がオスに捕食される恐れがあるため、保護区を離れた可能性がある」。ブラマさんはそう指摘する。

 トラが移動した地域には3本の国道と4本の州道、3本の鉄道が走る。通常、車や列車を嫌うトラがこうした“障害物”を横断したことについては、「たまたま人間を襲って味を覚えてしまい、その後次々に襲撃したのかもしれない」と話した。

■「寛容」が仇(あだ)に

 インドでは保護区拡大などの政策が実り、トラは3年間で約300頭増えた。野生生物保護協会は「インドは野生のトラを救う最良の機会を与えている」としている。コルベット保護区のサケット・バドーラ副所長は「インド人の多くが動物に寛容なことが背景にある。動物を見て神を連想していることからも分かる。ヒンズー教の女神ドゥルガーの乗り物はトラで、別の神ガネーシャの頭はゾウだ」と話す。

 コルベット保護区近くでは最近も、別のトラに襲われて住民が死亡する事件が相次いでいる。保護協会や地元当局が保護区周辺に監視カメラを増設したところ、最近も3頭のトラの姿をとらえた。州当局は総選挙の投票日だった17日も警戒のため、麻酔銃を装備した対策チーム4班を配備させた。

 息子を失ったラグナットさんは、「トラは保護区で観光客や密猟、違法伐採に脅かされているから、村まで来るのではないか。これ以上、トラのすみかが広がれば脅威だ」と訴えた。

【トラの生息状態】 密猟や生息地の縮小で世界的に数が減っている。世界自然保護基金(WWF)によると、20世紀初頭には推定約10万頭が生息していたが、2011~12年に国際自然保護連合(IUCN)がまとめた調査では4千頭弱しかおらず、IUCNはトラを絶滅危惧種に分類している。インドにはこのうち、4割強の1706頭が生息している。

<コメント>
虎に食べられるって・・・

人類はマンモスの時代には、サーベルタイガーに襲われていたそうですが、現代の日本で住んでいると想像を絶します、

しかし、肉食獣がいる場合はときと場合によって当然襲われることもあります。

人もまた自然の摂理の歯車なんですね。

テーマ : インド
ジャンル : 海外情報

     

UAEアブダビ国際空港、インド路線の大幅拡充へ…空港発着のサマーダイヤ概要を発表



アラブ首長国連邦(UAE)・アブダビ国際空港は4月23日、今年のサマーダイヤの概要を発表した。

スケジュールの目玉の一つがインド路線の大幅な拡充。特に目覚ましい発展を遂げているハイデラバード、チェンナイ、バンガロール線はそれぞれ週14便の臨時便が運航される。新規就航のジャイプル線はデイリー運航となる。

昨年のサマーダイヤから新たに加わった乗り入れ都市は、ロサンゼルス、スイス・チューリッヒ、セルビア・ベオグラード、オーストラリア・パース、アルメニア・エレバン。その他、ペルシャ湾岸諸国(サウジアラビア、カタール、バーレーン)、パキスタン、欧州主要都市とアブダビを結ぶ路線の増便が決まっている。

《レスポンス 日下部みずき》

<コメント>
インドは、地政学的に中東のイスラム国家やアフリカに容易にアクセスできます。ここは中国に対するアドバンテージのような気がします。

今後の世界は、欧米列国が落ちていき、そのほかの世界がゆっくりと上がっていく。

アフリカは、特にこれから爆発するかもしれません。今までが白人によって虐げられていましたから。

テーマ : インド
ジャンル : 海外情報

プロフィール

どらさん

Author:どらさん
インドへ移住します。(バンガロールへ準備中)

アメショー7匹飼ってます。

四十路前の猫好き親父です。

いろいろなこと書きます。

ITに苦戦中

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。